アラフォー(アラヒフ)世代からのエイジングケアは?

シミ、シワ、くすみ、たるみなど、30代、40代になって肌トラブルが気になってくる方が少なくありません。
いつまでも若々しい肌でいたいですよね。

若々しい肌を維持するためには、年齢に合ったケアをすることが大切です。
では、30代、40代はどのようなケアをしたらいいのでしょうか。

肌のお手入れの仕方とエイジングケアの方法です。

40代の肌の特徴

日本人女性の平均的な閉経を迎える年齢は、40代後半から50代前半です。
40代になると徐々に女性ホルモンの分泌量が減少をします。
女性ホルモンのエストロゲンには、コラーゲンの生成を促すなど、美肌を手伝う働きがあります。また、脳、血管、骨などの健康も守ります。

ところが、女性ホルモンが減少をしてしまうと、これらの働きが低下をして肌トラブルを招くことに。

また、長年浴びてきた紫外線の影響も出始めます。
紫外線を浴びると活性酸素が発生して、その刺激でメラニンが生成されます。
メラニンが蓄積をするとシミになります。

真皮層に到達した紫外線は、コラーゲンやエラスチンを変性させて弾力が失われ、たるみやシワにつながります。

さらに、肌にもともと存在しているヒアルロン酸やセラミドなどの潤い成分が減少をします。
潤いが不足をして乾燥肌になり、乾燥の影響でシワができることもあります。

40代のエイジングケアで注意をすること

紫外線は美肌の大敵です。これ以上肌にダメージを与えないために、紫外線対策をしっかりとしましょう。

長時間外に出るときには、日焼け止めを塗ることがおすすめです。値が大きいほど肌の負担になるので、日常的に使用するのなら、SPF15、PA++程度のものを選びましょう。

日焼け止めの使用目安量は、顔に使用する場合、ローションタイプだと500円大です。
たっぷりと塗らないと紫外線カット効果がきちんと発揮されません

また、こまめな塗り直しも必要です。
汗や摩擦で簡単に取れて、紫外線カット効果がなくなるので、3~4時間に1回塗り直しをしましょう。
シミ、シワ、たるみなどさまざまな悩みがあると思いますが、40代は保湿ケアを中心に行うことが大切です。
肌が乾燥をすると小ジワができます。
小ジワを放置していると、大ジワになります。
また、乾燥は真皮層の負担になります。

ケアをする際に注意することは、こすらないことです。
美容成分を肌の奥に入れるためにすり込みたくなりますが、肌をこするとバリア機能が低下をします。

外部刺激から守り、肌の乾燥を防ぐバリア機能が低下をすると、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

洗顔をする際には、泡をクッションにして、手が顔に触れないようにしましょう。
すすぎのときにも、肌をこすらないように気をつけてください。


化粧品をつける際にも、こすらないように優しく
しましょう。

化粧水、乳液、クリームなどは、手のひらに広げて、その手を顔に押し当ててつけると、摩擦が軽減して肌の負担も少なくなります。
バリア機能を守る方法でケアをして、外部刺激に負けない健やかな肌を目指しましょう。

エイジングケアに必要な成分

40代はセラミドやヒアルロン酸などが不足してくるので、これらの成分を化粧品で補いましょう。

セラミドヒアルロン酸は分子が大きな成分で、肌のバリア機能を通過できず肌表面にとどまります。
肌の奥に届けるなら、ナノ化した成分を選ぶとよいでしょう。

セラミドは油溶性の成分で、化粧水には混ざりにくい性質があります。
化粧水に配合されている場合、界面活性剤を多量に使用している可能性があるので注意をしてください。


シミやたるみが気になるなら、ビタミンC誘導体がおすすめです。

ビタミンC誘導体には、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ、すでにできてしまったメラニンを薄くする、コラーゲンの生成を促すなどの働きがあります。
コラーゲンを化粧品で補っても肌の奥に浸透をしないので、肌のコラーゲンは増えません。

しかし、ビタミンC誘導体は浸透力が高く、コラーゲンの生成に役立ちます。
シミの予防効果がある成分には、プラセンタ、アルブチン、トラネキサム酸、カモミラET、プラセンタ、コウジ酸、アスタキサンチン、などがあります。すでにできてしまったシミを薄くする力はありませんが、シミを防ぐ働きをしてくれます。

最近注目されている成分がプロテオグリカンです。
プロテオグリカンは、皮膚や軟骨に存在している成分で、肌ではハリや潤いを保つ働きをしています。
化粧品やサプリメントにも使用されています。

以前はとても希少だったのですが、近年はサケの鼻軟骨から効率的に抽出できるようになり、化粧品にも一般的に使われるようになっています。
肌のプロテオグリカンは、真皮層に多く存在しています。ヒアルロン酸などと共に潤いを保ち、コラーゲンやエラスチンのすき間を埋めてハリを保ちます。保水力が高いことが特徴で、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があります。

また、抗炎症作用や抗酸化作用も発揮します。
もともと人の体内に存在する成分なので、高い親和性があります。アレルギーが心配な方にもおすすめの成分です。

エイジングケアにおすすめの化粧品

先ほど、洗顔の所で、肌をこすらないように!って書きました。
本来は、なるべく肌に触れる回数が少ない方が良いと言われています。

肌に刺激を与えない方が良いのです。

だったら、オールインワン化粧品の方が良いと考えます。

私が使った化粧品の中で、おすすめのオールインワン化粧品を紹介します。
 まずプロテオグリカン配合の、化粧品「フルアクレフ(Flua Clef)

女優さんも使用している今話題の「フルアクレフ(Flua Clef)」です。
2017年(今年です)のモンドセレクション受賞しました。

手のひらにとって、肌に軽く押しつけるように塗ります。
手の平に肌が吸い付くような感じがします。
そして、もちもちっとした肌になります。

良い化粧品探している方には、満足する方多いと思います。

送料のみ650円でお試しできます。
しかし、申し込み時は今、流行の定期購入になっています。
そして約2週間後には、本製品が、届きますのでSTOPしたい場合は、早めに電話連絡してください。
間違いなく、最初のお試しだけでSTOPできます。安心してお申込みしてください。